カテゴリ:雑記( 51 )

出張(その1)

いつもの事でもあるが、今回もハードスケジュールでのドイツ出張・・・・ほぼ毎日、ホテルを変えて
ケルン、ベルリン、デュッセルドルフへ移動。夕食までの約1時間の休息の時に町を散歩出来たのは、唯一の気分転換だった。 
幸い、今の季節は夜の9時位まで明るいので少しは楽しめたかな・・・・?

ケルンにて・・・
ライン川沿いのケルンはローマ時代から栄えた町で歴史も古い。
特にケルンの大聖堂はいつ見ても圧巻である
f0002028_22341787.jpg

f0002028_22355322.jpg


この時期のレストランでの食事は、やはり屋外が一番
f0002028_2237341.jpg

by nagahiroy | 2007-06-10 22:40 | 雑記

初孫

昨年の春に巣立ちしたばかりの娘が子供を授かったとの事
・・・とは言ってもホーランドロップの赤ちゃんだ
f0002028_21483023.jpg

彼女に言わせると、この子は自分の子供らしい・・・・すなわち、私にとっては初孫ってことである
まだ対面してないのだが・・・写真を見る限り、なんとも可愛い!!
動物の赤ちゃんは見ているだけで、本当に癒される
日々ストレスの多い私には良い薬かも
いつか、この子に会えるのを楽しみにしてよ!
f0002028_21471466.jpg

by nagahiroy | 2007-05-10 21:54 | 雑記

一息

最近、シャッターを押す機会が少し減っている
よって、投稿するネタが・・・・ない・・・・
野山を歩くことはあっても、ボォーと見てる事の方が多い
今はそれが妙に心地良い
ある意味で自然を自分の目でしっかり見て楽しんでる
そう、ちょっとだけ休憩してます
f0002028_2118869.jpg


f0002028_2112055.jpgどちらかと言えば、丸太で遊んだり
電動ノコで本棚などを創ったり
まぁ、こんな息抜きも必要かも!
それに身体を動かしているから
食欲はあるし、健康には良いみたい

ところで、昨年の11月にブログを始めて
もうすぐ一年、自分にしては結構な数の写真を撮ったと思う
それでも、この一年で感じた事は・・・・
やはり写真は難しいし、なかなか思い通りの
絵が撮れないことかな

もうすぐで関西にも紅葉がちらほら
冬もまた魅力的な風景をみせてくれる
その時はカメラが恋しくなるだろうな
楽しみ!!
by nagahiroy | 2006-10-17 21:33 | 雑記

炎(焚き火)

不思議なもので、火を見ているといつまでも飽きない
木の種類によって、火のつき方も違うし、香りも違う
パチパチと燃える火の様子を見ているだけで
何時間も過ごせてしまう

そろそろ、薪の火が似合う季節です
f0002028_19374348.jpg

by nagahiroy | 2006-09-24 19:38 | 雑記

時差ボケ

ようやく出張から帰って来たのですが・・・まだ、時差ボケです。
約13時間かけてフランスのドゴール空港経由でドイツに入ったのが夜の8時過ぎ。
翌日からは1時間おきに会議が入っていたのですが、同じ敷地内にも係わらず一つの会議から次の会議への移動はほとんどが車(タクシー)で移動。 
結局、会議以外の時間は車の中でした。
それに、100km離れた別の部門への移動の時はアウトバーンを運転手が180kmで、ぶっ飛ばす。 まさにゼットコースターに乗っている気分・・・ヒヤヒヤもんである。

唯一、友人達との夕食会は2年ぶりでもあり、大いに盛り上がり楽しいひと時を過ごせたのですが、相変わらず彼らの余暇の過ごし方は我々日本人には到底、
想像しがたいものがあり、大げさに言えば生き方そのものが違うようです。 一人はセスナを自分で操縦してヨーロッパの各地で、のんびり。 
あるいは、エーゲ海で7つもの部屋のあるヨットでクルーズ・・・・。
同じ仕事をしているのに・・・なんで?って思わず言いたくなる。 国が違えば、いろんな事が随分違うよな。

f0002028_2236476.jpg

帰国したら、私の好きなセイジの花が元気良く咲いていた。
落ち着きのある香りと、この花が独特。
でも、名前を忘れてしまって・・・・・、確か、南米産だったと思うのだが・・・。
by nagahiroy | 2006-06-14 22:44 | 雑記

出張

以前から出張は好きでない・・・特に海外は。
元々、良く眠れないせいか時差ボケが激しい。 おそらく、神経質だからだろう(周りの皆は信じてくれないが・・・)。 普段から、寝つきは良い方ではないし。
f0002028_2242381.jpg

海外出張ともなると、朝早くからいくつもの会議だし、分刻みのスケジュール。 頭はボーってしてるのに・・・。
しかも、出張に行けば現地の社員が、ご丁寧に接待してくれるのだが、これが結構大変。
当地の夕食時間は、日本時間の時間(私の胃の中は日本時間のまま)では夜中の2時から3時頃・・・そう、とっくにベッドの中。 食べられるわけない! 
しかも、そのディナーの時間が半端でない・・・長すぎる。 さらに地元の食べ物は、日本食に比べて重い(油っこいし、量が多い)!!
もっとも、年に8回から10回の海外出張をしていた頃に比べると、最近は出張の回数を抑えているので贅沢を言ってはいけないのだが・・・・嫌のものは嫌である。
唯一の楽しみは友人達と久しぶりに話が出来る事くらいかな。 お互いに将来の夢を語って、ビールを飲み交わす。 私も夢を持ち続け様って、いつも思わせてくれる。 
そして、今回の私は彼らにどんな夢が話せるだろうか・・・彼らに負けないような夢を話したいものだ。

・・・と言う訳で明日から、しばらくの間、ブログを留守にします。
by nagahiroy | 2006-05-28 22:09 | 雑記

ラベンダー

今日はラベンダーの話です。
我が家のハーブも最近、勢いが良くて特にフレンチ・ラベンダーは元気いっぱい
毎年のように、この季節になるとミツバチがどこからともなくやってきて蜜を集めている姿は
可愛いものです。
f0002028_21254320.jpg

このミツバチは、稀にみる怠慢なヤツで、隣のラベンダーに飛ぶことなく手(?)を伸ばして
移ろうとしてます。 ハチにも個性があるんですね
f0002028_2126998.jpg

これはフレンチ・ラベンダーの白
うん十年前なんてみんな同じ色だったのに、最近はいろんな種が店頭でも売られてます
それに、アロマセラピィーって言葉も今では当たり前のように雑誌等で見られるようになりました
時代は変わったもんだ・・・・?? 年とったかな?
f0002028_21271562.jpg

ところで、今回の写真は全体を淡く表現してみました・・・
たまには、こんなのも良いかなと思って。
by nagahiroy | 2006-05-17 21:24 | 雑記

before & after

昨年から怠慢してデッキの手入れをしてませんでした・・・、おかげでデッキは塗装がはがれ白く変色。 
犯人はジェシカ(シェパード)が走る回るからなんです。

せっかくの連休だし、天気も良いので久しぶりに今日は外での作業もいいか。
作業服に着替え、まずはデッキの掃除から。
塗装はライト・オーク、ハケは2本用意
f0002028_1043722.jpg


9時半から作業開始、しかし・・・これを全部塗るのは結構大変。 
おまけに5年ほど前に建材(2x4、2x6)で創ったテーブルと長イスもあるし・・・、これが、えらい重い。
結局、全部塗り終わったのは午後2時の一番暑い時間。 あまりの暑さに喉はからからで、ほとんど貧血状態。 それに、足、腰、腕・・・全身、痛い!!
でも、作業終了後のビールは格別でした!
f0002028_1095995.jpg

f0002028_1024175.jpg

by nagahiroy | 2006-05-04 10:39 | 雑記

動物記

物心ついた時から生き物が好きだった様に思う。
最初は昆虫、カミキリムシなどと比較的可愛いものだったが・・・小学生低学年の頃からウシガエル釣りにはまる。 この頃は二つ上の兄も一緒に遊んでくれていたが・・・私の動物好きに拍車がかかり、その後は爬虫類。 例えば、机の引き出しを開けるとマッチ箱の中にはヘビの赤ちゃん、押入れにはアブラコウモリ、ヤモリは紐でつないで必要な時だけ手繰り寄せて遊ぶなど・・・。
極めつけは、イモリとカナヘビ(尻尾の長いトカゲ)をみかん箱とバケツに約200匹飼っていた。 ある日、母親が私たちの部屋を掃除していて見つけたらしく、ものすごい悲鳴が聞こえてきた。 言うまでもなく、えらく怒られてしまい、仕方ないので隣の家の庭(庭は広いし、池はあるし・・・生意気な犬はいつも吠えるし)に200匹放してあげた。 当時、近所のお母さん達から、あそこの家の子(すなわち、私)とは遊ぶんでないと言われる・・・・。

中学生頃には哺乳類・小動物とか野鳥に興味が移る。 たまたま遊んでいた所でカヤの葉の中間部分に鳥の巣みたいなものを発見、良く観察してみると・・・小さなネズミの巣であった(日本最小の野ネズミ)。 その時の心臓のドキドキは今でも忘れない。 どうしても飼いたくなって親と巣(子供6匹)を素手で捕まえて家に持って帰る。 それからの夜は私にとっては天国のような時間だった。 オールナイトニッポン(ラジオ番組)を聞きながら、カヤネズミを観察!

高校生になった頃、少しは人並みに物事を考える様になったのか、いたずらに動物を持ち帰る事はなくなった。 しかし、好きであることに変わりはない為、ない頭をひねって野鳥保護研究会なるものを立ち上げ活動を始める。 発足の理由は簡単で、労せずして怪我した野鳥とか、巣から落ちている雛を皆がかわいそうと運んで来てくれることにあった。 狙いは見事に的中して、いろんな野鳥が我が家に運ばれてくることになった。 アオジ、ミヤマホオジロ、トビ、ゴイサギ、モズ、スズメ、メジロ、ウグイス、マヒワ、ツグミ、そしてコイカルなど。

大学生になった頃は友達をそそのかして(車の免許がなかったので)、福岡から宮崎までムササビとモモンガ探しの旅に出る。 山奥の古びた神社に一週間こもってみるが成果はなかった。 その他の学生時代の思い出は生活費を稼ぐためのマージャンと天神(親不孝通り)で飲んだくれる生活。

30歳になって、日本を離れた事のない私は親・親戚の手前、留学と言いつつも、昔からの夢であったガラパゴス、マダガスカル、オーストラリアへの移住を夢見る。 動物の進化を考える上で、これらの地は大変興味深いところなので。 しかし、その頃には既に三人の娘(0、3,4歳)がいて、生活は容易ではなかった。今、思えばとんでもない親である・・・・給料なし、アルバイトだけでの生活、将来は全く見えない。
それでも、最終的に移る場所を決めたのは単純な理由で、私の専攻の大学院があるのはオーストラリアだけだったから。 その地で有袋類の動物達に会えるのを夢みながら進路先を決める(かなり優柔不断)。 気が付けばニュージーランド、オーストラリアに5年近く住んだが、動物と会えると言う意味では最高の時間を過ごせた。 ワライカワセミ、オオコオモリ、ポッサムは毎日の様に庭へやって来ていた。 夜には山へドライブ! 運が良ければワラビー、ウォンバット、シュガーグライダー(フクロモモンガ)などと会える。

こんな訳で、日本に帰って来てからもタイリクモモンガ、シマリス、そして現在はシュパードを飼っている。 幾つになって成長しないようだ。
ただ・・・・いまだにイモムシだけはダメである!
by nagahiroy | 2006-03-16 21:17 | 雑記

姉妹版

今日もデッキで休んでた時・・・「あれ? 先週と同じ事してる」と思ってしまいました。
そんな訳で、ちょっと遊び心が・・・。 前回、前々回の写真とアングルはほとんど同じで、ほんの少しだけ違ったものをアップしてみようかと。

ドイツの郊外で良く見ることが出来た野うさぎを描いたものです。 その当時は娘達に言わせると、この野うさぎ達はピーターラビットそのものだったようで大変喜んでました。 ただ、野生動物の生き生きとした表情を絵でも、写真でも表現するのはとても難しいですね。
f0002028_15484683.jpg


前回はコップに水でしたが、今回はビールに太陽の光を浴びせて・・・・ただ、写真どころではなく素早く飲んでしまいました! やはり、天気の良い空の下でのビールは最高です!
f0002028_9562542.jpg

by nagahiroy | 2006-02-18 21:40 | 雑記