近くの公園にて

こうして、カメラを片手に野鳥の写真を撮るのは何年ぶりだろうか・・・?以前と違うのはカメラがデジカメに変わった事と、明らかに腕が落ちている事か・・・・やはり、三脚が必要!! しばらくは慣れるまで時間が掛かりそう。

近くの公園を歩いていたら、小枝に止まっているカワラヒワ(別名:アサヒ)とさっそく出会った。コロコロと可愛らしく囀る、このヒワは春が待ちどおしいのだろう。 二羽で行動をともにしているところをみると、ツガイだろうか?
f0002028_21233399.jpg


一見、保護色の為か地味にみえるキジバトだが・・・良く見ると羽の色がとても美しい
f0002028_21235995.jpg

# by nagahiroy | 2006-01-06 15:49 | 野鳥

アンティーク家具と雑貨

各地を転々としている時に集めたアンティーク。 その重み、かつ繊細な創りが好きではまってしまいました。ある時は個人から、ある時はオークションで・・・・気が付けば十数ヶ国の国から集めた様々な家具と雑貨で家の中はいっぱいになってしまった。
見方によれば、ただの中古品の寄せ集めですがね・・・・。

約80年前のドイツ製タイプライターですが、今でも十分に使えます
f0002028_1016196.jpg


イギリス製のダイニングチェア(1920年代、イングリッシュ・オーク材)
f0002028_10163840.jpg


ドイツ製の家具で、1800年代後半のカップボード。 繊細なカービィング(木彫)の技術がすばらしい
f0002028_1018492.jpg


1800年代後半のフランス製の飾り棚で、2m40cmの高さ(ウォールナッツ材と珍しいバードアイ・パインが一部使われている)
f0002028_10172178.jpg


オランダの蚤の市で見つけた雑貨
f0002028_10173576.jpg

# by nagahiroy | 2006-01-02 12:02 | アンティーク

灯り(ランプ)

数年前に家を建てるときに、一緒にステンドグラスを何点か創りました。 夜になると万華鏡のような様々な光を楽しんでます。 これは、ティファニーのデザインでキッチンに設置してます。
f0002028_11121730.jpg


こちらは、玄関にあるNewZealand製のアンティーク家具の上に飾ってます。
f0002028_1117491.jpg


ダイニングの照明、青緑の深みのある色が気に入ってます。
f0002028_11185147.jpg


リビングでは単色に近い青と赤の光で演出・・・・?
f0002028_11193352.jpg

f0002028_11194832.jpg


玄関で待ち受けるやさしい黄色の光
f0002028_11151374.jpg


寝室では、深海の色に似たこの光でリラックス
f0002028_11162945.jpg

# by nagahiroy | 2006-01-01 20:30 | ステンドグラス

空・・・・・

昨日からの天気予報を聞いていて、京都の南部も雪が降るかもって期待していたけど・・・はずれ!なんか今日の空が恨めしい・・・・・・。
f0002028_1122859.jpg

寒いのは好きじゃないけど、九州生まれのせいか何歳になっても雪を見るとなんかワクワクしてしまう。 夜から深々と雪が降って、朝起きてカーテンを開けたら一面の雪景色!最高だろうなー。
# by nagahiroy | 2005-12-18 22:21 | 雑記

ジェシカ

我が家の四女・・・ジェシカ(ジャーマンシェパード)です。 
彼女が我が家にやって来て、もう10年。 いつのまにか、おばあちゃんになってしまいましたが相変わらずヤンチャです(ちなみに、彼女は35 Kg)。
f0002028_11234438.jpg


これは我が家のラベンダー。 もちろん、5月過ぎになれば一生懸命にその美しさを魅せてくれるのですが・・・・ここ数年、寒くなってからも狂い咲きしてます。異常気象ですかね?
f0002028_1124627.jpg

# by nagahiroy | 2005-12-11 18:45 | 雑記

誕生日

実は・・・明日は小生の誕生日!この歳になると誕生日など、さほど楽しくはないのですが・・・。今日はワクワクです!! タムロンのAF28-300mmをプレゼントに今夜受け取ったのです。いろんな人のブログを拝見していると、つい昔の事を思い出して幅広い、型にはまっていない、自由な写真を撮りたくなっていたところでした。 そんな矢先に、このレンズをプレゼントとして貰ったもので・・・・・明日は会社を休みたい気分です!! 次のブログには、このレンズで撮った写真を載せるようにしようかな。

いくつになっても性格は単純みたいです。
・・・・そう言えば、会社の同僚や部下達からも、良く子供みたいとは言われているような・・・・・。まぁー、嬉しいものは嬉しい!
# by nagahiroy | 2005-12-08 21:24 | 雑記

はや!

驚くほど、早く時間が流れているような・・・・・もう、12月かぁー。 つい先日までは紅葉が綺麗だったのに、今朝はあちこちでモミジが散り始めている。
こんな調子で、今年も終わってしまうのかな・・・・? まだまだ時間を楽しまなくては! 久しぶりに雪だるまなんか創ってみたいもんだ・・・雪降らないかな。
# by nagahiroy | 2005-12-01 22:21 | 雑記

留学

留学って言葉は最近では当たり前のように良く耳にするが、少し小生の経験を書いてみたい。

大学院を修了し就職してから5年の月日が経った頃、30歳近くになると社内での自分の将来が見える様な錯覚におちいってしまった。 今が自分の人生を決めるときだと思い込んで、行動を起こすことにする。 しかしながら、会社を辞めて何をするのか・・・・小生の場合は貯蓄が少なくて八ヶ岳でのペンション経営の夢を諦めざるおえなかったので、海外に出ることを選択した。親、親戚へのタテマエもあったし・・・勢いあまっての事だったような。 正直・・現実から逃げ出す為のただのハッタリだったかもしれない。

NZの Otago Univ. に行って、2ヶ月経った頃、自分のあまりにも浅はかな行動にいたく後悔する破目になる。 やはり、留学とはそんなにあまくなかった・・・・。 金はない、言葉はわからない・・・全てがないない尽くし。 1年半後には状況がうまく判断出来ぬまま、教授と共にオーストラリアの Queensland Univ.へ移る。 相変わらず、金はない、先も見えない、露骨な差別もある。日本の大学院とは雲泥の差がある・・・全てを自分でやらなくてはいけない。 それでも不思議な事に生活は充実していたような・・・自分でものを決めて、自分で行動していたからかもしれない。もちろん、失敗すれば全て自分の責任。 そう、今にして思えばその生活の仕組みが至ってシンプルであった。生活が苦しくて、プレッシャーの中での生活、がむしゃらに生きて居た様でも生活の質は比較的高かった様に思える。 その後、学位を土産に日本(新宿)に帰ってみるが・・・やはり、生活に馴染めずドイツで暮す事に。

今は日本に帰ってきて、初めての関西での生活に十年の歳月が流れた。 おそらく海外での経験がエネルギーとなって、これまで日本でやってこれた様に思う。 経験から得た、いくらかの引き出しが自分の中にあったからだろう。しっかり(?)社会人もやって家も建てた。
・・・・でも、あの時ほど生活に充実感がないような・・・・何故だろう???

そろそろ、スローライフを考え、それを実践に移すべき時が来たかもしれない。 昔からの夢の山小屋(ログハウス)でのひと時を想像してしまう。 ゆっくり時間をかけてやってみるか・・。
楽しく、自分にわがままに生きてみたいなぁー。
# by nagahiroy | 2005-11-29 22:14 | 雑記

大河内山荘

亀岡での会社の off-site meeting の翌日の事。 その帰り道、あまりにも良い天気で絶好の紅葉シーズンだったので、おもわず嵐山駅で途中下車。 そう、いつもの様に突発的な行動ではあるが、今回は会社の同僚も巻き込んで、いくらか無理やりの行動(京都までの切符は既に買っていたが、小生にとってはいつもの事・・・)。 予想通り、たくさんの人だけど、しばらく人ごみの中を歩いて、その後は朝からビールを飲むことに、ちょっとした散歩気分?紅葉は期待したほどではないような・・・と思いつつ、とにかく歩く。
人があまりにも多いので野鳥のさえずりなど聞こえもしない・・・それでも、しばらく歩いてから大河内山荘へ向かうことに。 えっ? それどこ?? 小生は知らなかったけど・・・これが驚き!! 期待以上の美しさ!!久しぶりにこんなに綺麗なモミジを見た気がする。 

大河内山荘のモミジ。 モミジの木がたくさんで、いろんな色彩を満喫できます!
f0002028_21653.jpg

f0002028_2162779.jpg

f0002028_2165275.jpg


嵐山の紅葉です。 朝だったので、カメラのアングルが逆光・・・。 まっ、それも良いか。
f0002028_1522056.jpg

f0002028_15221840.jpg

# by nagahiroy | 2005-11-26 17:19 | 風景写真

室生寺の秋

秋の室生寺に久しぶりに行ってきました。 流石に大勢の人でにぎわっていて静かに紅葉を楽しむまではいきませんでしたが、こうやって写真をあらためて見ているとモミジの赤が不思議と心を癒してくれます。
f0002028_15273740.jpg

f0002028_15275524.jpg

f0002028_15281458.jpg

f0002028_15283527.jpg

# by nagahiroy | 2005-11-22 16:28 | 風景写真